体力だけでなく、やる気のバロメーターも意識する

キャリアの転機に、徹底自己分析、自分に正直な一歩を!「となりのキャリア研究所」中村文香です。

キャリアの転機ってこれまでの自分だと、やらなかったこと、

やりにくことをしなくてはいけない場面が出てくると思います。
(これまでの自分と同じことをしてては、逆に再現性よく同じ自分になるので・・・)

例えば、自分を発信するのが苦手な人が、SNSなどで不特定多数に自己開示したり、
おっとりがたの人が、色々スピーディーに意思決定する場面が出てきたり・・・と。

そういうときって、
短期間だと、「うぉー」って頑張れるんですけど、
あるときをすぎると、枯渇してしまいますよね。。。。。。

それで私は、半年くらいブログがかけなくなってしまいました・・・

今、再開ができているのは、とあることを意識したからです。

それは、体力のヒットポイントだけでなく、やる気のヒットポイントも意識するというもの。
ちょっとキャッチーなタイトルをつけちゃいましたが、
自分として楽しいことをして、そのときの自分の反応をみて自分と向き合って、
「自分を充電」しました。

私気づいたら、人にはやりたいことをやりましょう、自分らしく生きていんですよ〜ん🌟
などと言っておきながら、
全然楽しんでなかった!ということに気づいて。
すごくいつも愉快な友達と一時期行動を共にすることで、そこに気づきました。

それから、一旦、ちょっと世間的にとか、
売り上げのこととか考えたら、あまりよろしくないけれど、
期間を決めて、楽しんでみることにしたんです。

めっちゃ寝たまくたり、
好きな勉強会に行ったり、
ひたすら妄想をノートに書き綴ったり、
友達と美味しいもの食べたり、
美術館行ったり、
ヨガに行ったり・・・

そうしたら、今まで忘れていた感覚とというか、
腹から湧いてくる力が蘇ってきて、お仕事もいただけたりと、
色々うまく回り出したのです。

今まで学校教育とか?で触れていた成功法則とは違うけど、
世の中には、猛烈努力型の人と、
私のような自然体工夫型の人がいるのか?と思うくらい。

うぉ〜という一過性の肩に力が入ったもの、というよりは、
腹から静かな力が湧いてくる感じ。

この感覚を覚悟っていうのかなぁとか。
覚悟って、熱い!感じだと思ってたんですが、
人によって感覚が違うのかも。

私のように、テンション低め安定タイプは、
覚悟するって「静かな、確かな感覚」っていうのが近いかなぁと思いました。
(世の中発信が苦じゃない人って、
うぉ〜って結構テンション高め安定な人が多いかなと思い、
私の同士?笑のような方のために書いてみました)

だから、繰り返しますが、
なんか、力が湧いてこないってとき、もしちょっとでも許されるなら、
自分のやる気の充電を意識してされると急がば回れで効果がある場合もありますよ^^

(先日地元北海道で20年来の友達とみた、いかにも北海道らしい花たち。あ、配置だけか。)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA