アラサー焦り、さまよい、無力感の中に。

30歳前後、それは、キャリア理論の中でも、
「トランジション(転換期・過渡期)」と言われているのですね。

このトランジションは、
社会に出る前、40歳前後、リタイヤ前後にもあると言われておりまして、
年齢にかかわらず、個人的な出来事によっても起きるとも言われています。

20代とは違い、様々な社会的な制約を受け入れていく中で、
急激に「可能性が限定されている」と感じる時期のようです。
家庭でも、キャリアでも、引き受ける役割が多くなってきたり。

この時期は、「焦燥感」「さまよい」「無力感」が課題とされているようで。

img_1024
↑周囲は真っ暗闇。(私の部屋にいる多肉「乙女心」の乙次郎です)

そして、キャリアのサポートをさせていただいております、
モロサー(もろに30歳)の私も、
まさに、その課題の中におりまして。

昼夜問わずこの感覚と戦っている感があります。
(毎日じゃないけれど。顔に出にくいので良かったのかぁ( ´∀`))

この過渡期は、何かが終わり、中間のモヤモヤ期を経て、何かが始まるという
プロセスをたどるのですが、
このな何かの始まりが、あんまり印象に残らないそうで、
「ちょっと違うぞ」くらいなそうで。

なんとももどかしい。

そして、この時期を乗り越える方法は、
「逃げずにとどまる。」ということが大事。(゚∀゚)

「えつ、そんな感じかよっ。」

という感じですが、そのようです。

そうして、自分も真っ只中の私にしかできないことは、
この過渡期にある目の前の人に対して、
その感覚を一緒に味わいながら、
片方では、冷静な目を持ち続けて方策を考えること。

モロサーモヤモヤど真ん中にしかできないこと。

—————————————————-

トランジションの向き合い方、お手伝いさせてくだいね。
東京と伊豆の2拠点でカウンセリングをしております。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA